北京外国語大学

北京外大について


北京外国語大学は北京市海淀区西三環に位置し、三環路の両側に東キャンパスと西キャンパスに分かれています。教育部に直属し、第一陣の「211プロジェクト」大学、985プロジェクト優位性のある学科イノベーション拠点」大学、第一陣の「二つの一流」建設大学です。

北京外大は中国共産党が創設した初の外国語高等教育機関であり、その前身は1941年延安に創立された中国人民抗日軍政大学第三分校ロシア語大隊です。その後、延安外国語学校となり、創立当初は党中央の指導に帰属していました。新中国成立後、外交部の指導に帰属し、1954年に北京外国語学院と改名し、1959年には北京ロシア語学院と合併して新たに北京外国語学院として発足しました。1980年以降は中国教育部の直属となり、1994年に大学名を北京外国語大学と変更しました。

北京外大は、101種類の外国語教育課程が開設され、現在ヨーロッパ言語グループとアジア・アフリカ言語グループは我が国の最も完備している非共通言語建設基地として、教育部第一陣の特色ある専攻建設拠点となっています。本学は外国言語文学学科を主体に、文学・法学・経済学・管理学など多学科が協調的に発展する構造となっています。開設言語を創設時間順に並べると、以下のようになります。ロシア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポーランド語、チェコ語、ルーマニア語、日本語・アラビア語、カンボジア語、ラオス語、シンハラ語、マレー語、スウェーデン語、ポルトガル語、ハンガリー語、アルバニア語、ブルガリア語、スワヒリ語、ミャンマー語、インドネシア語、イタリア語、クロアチア語、セルビア語、ハウサ語、ベトナム語、タイ語、トルコ語、朝鮮語、スロバキア語、フィンランド語、ウクライナ語、オランダ語、ノルウェー語、アイスランド語、デンマーク語、ギリシア語、フィリピン語、ヒンディー語、ウルドゥー語、ヘブライ語、ペルシア語、スロベニア語、エストニア語、ラトビア語、リトアニア語、アイルランド語、マルタ語、ベンガル語、カザフ語、ウズベク語、ラテン語、ズールー語、キルギス語、パシュトー語、梵語、パーリ語、アムハラ語、ネパール語、ソマリ語、タミル語、トルクメン語、カタルーニャ語、ヨルバ語、モンゴル語、アルメニア語、マダガスカル語、グルジア語、アゼルバイジャン語、アフリカーンス語、マケドニア語、タジク語、ツワナ語、ンデベレ語、コモロ語、クレオール語、ショナ語、ティグリニャ語、ベラルーシ語、マオリ語、トンガ語、サモア語、クルド語、ビスラマ語、ダリー語、テトゥン語、ディベヒ語、フィジー語、クック諸島マオリ語、ルンディ語、ルクセンブルク語、ルワンダ語、ニウエ語、ピジン語、チェワ語、セスト語、サンゴ語、タマジクト語、ジャワ語、パンジャーブ語、となっています。延安精神を継承し、国家戦略に奉仕することを堅持してきた本学は、中国と国交を樹立したすべての国家の公用語を開設しています。

北京外大は33の教育・研究機構を有し、ここ数年、イギリスのノッティンガム大学と協力して国際大学院を設立し、許国璋高等言語研究院、王佐良外国文学高等研究院、地域とグローバルガバナンス高等研究院、比較文明と人文交流高等研究院など多数の特色ある研究機構を次々と設立しました。人材育成モデルのイノベーションを強く推進し、北外学院、国際組織学院、国際教育学院を設立しました。元来のアジア・アフリカ学院を基に、アジア学院、アフリカ学院を新たに設立しました。本学は教育部人文社会科学重点研究基地(中国外国語と教育研究センター)、国家言語委員会科学研究センター(国家言語能力発展センター)、4つの教育部区域と国別研究育成基地(中東欧研究センター、日本研究センター、イギリス研究センター、カナダ研究センター)及び37の教育部登録の国別と地域研究センター、3つの教育部人文交流研究センター(中国・インドネシア人文交流研究センター、中国・フランス人文交流研究センター、中国・ドイツ人文交流研究センター)を有しています。本学はまた『外国語教学と研究』、『外国文学』、『国際論壇』、『国際漢学』という4種のCSSCI(中文社会科学引用文索引)収録誌、『外国語教育研究最前線』という1種のCSSCI拡大版収録誌、『中国ロシア語教学』、『中国応用言語学(英文)』、『国際中国語教育』、『英語学習』、『ドイツ語人文研究』、『フランス語圏国家と地区研究』、『区域と世界発展』などの刊行物を編集・出版しています。本学は全国最大の外国語関係書籍・音響映像・電子出版物の出版基地「外国語教学と研究出版社」を有しています。

北京外大は121の学部生課程を設置しており、そのうち、44の専攻は全国唯一の専攻となっています。本学は現在4つの国家重点学科(育成学科含む)、7つの北京市重点学科を有し、博士学位授与権を有する一級学科ステーション2つ(外国言語文学、マネジメントサイエンスとエンジニア)、修士学位授与権を有する一級学科学術型ステーション11(法学、政治学、マルクス主義理論、応用経済学、中国言語文学、外国言語文学、マス・コミュニケーション、マネジメントサイエンスとエンジニア、経営管理、教育学、世界史)、修士学位授与権を有する専門ステーション8(金融、国際ビジネス、中国語国際教育、翻訳、マスコミとコミュニケーション、法律、会計、経営管理修士)を設けており、文学・経済学・管理学・法学・教育学・歴史学という六大学科部類が含まれています。2017年に行われた第四回全国学科評価において、本学の外国言語文学一級学科は「A+」という全国トップの成績を収めました。「QS専攻分野別世界大学ランキング2018」において、本学の言語学と現代言語という2分野は再び世界ベスト100入りを果たし、中国国内の外国語大学において一位となっています。本学には学部生5600人、大学院生(修士課程、博士課程)3100人、留学生1600人が在学しています。

北京外大は人材管理システムのイノベーション、教師陣の全面的なレベルアップを目指し、現在1200余人の正規教職員が在籍し、ほかに60の国・地域からの200名近い外国人教師が教鞭をとっています。本学は「特別な貢献を果たした国家レベルの中青年専門家」、「国家『万人計画』哲学社会科学リーディング人材」、「国家『万人計画』教学名師」、「『長江学者』講座教授」、「国家百万千万人材プロジェクト」、「国家『四つの一組』人材」、「青年『長江学者』」などのハイレベル人材を有し、教員のうち90%の者が海外留学の経験を持っています。中国外国語と教育研究センター教師陣は第一陣の「全国大学黄大年式教師陣」に入選しました。

北京外大はハイレベルが牽引し、国際化した大学運営理念を全面的に推進し、世界の91の国・地域の313の大学・学術機構と交流関係を持ち、イギリス・ノッティンガム大学、イギリス・ロンド大学アジアアフリカ学院、フランス国立東方言語文化学院、ロシア・モスクワ国立言語大学、ドイツ・ゲッティンゲン大学、イタリア・ローマ大学、ハンガリー・ロラーンド大学、ポーランド・ヤギェウォ大学など外国著名な大学と実質的な協力関係を結んでおります。本学が協力して設立した23の孔子学院は、アジア、ヨーロッパ、アメリカの18の国々に分布し、中国国内の大学において一位となっています。23の孔子学院はそれぞれドイツ・エアランゲン=ニュルンベルク孔子学院、ベルギー・ブリュッセル孔子学院、オーストリア・ウィーン大学孔子学院、イタリア・ローマ大学孔子学院、ポーランド・クラクフ孔子学院、ベルギー・リエージュ孔子学院、ドイツ・デュッセルドルフ孔子学院、ハンガリー・ロラーンド大学孔子学院、ブルガリア・ソフィア孔子学院、チェコ・パラツキー大学孔子学院、ドイツ・ミュンヘン孔子学院、マレーシア・マラヤ大学孔子学院、韓国外国語大学孔子学院、スペイン・バルセロナ孔子学院、ロシア・モスクワ国立言語大学孔子学院、アラブ首長国連邦・サーイド大学孔子学院、イギリス・ロンドン孔子学院、アルバニア・ティラナ大学孔子学院、ドイツ・ゲッティンゲン大学学術孔子学院、イギリス・オックスフォード・ブルックス大学孔子学院、スリランカ・コロンボ大学孔子学院、フランス・ESCPヨーロッパビジネススクールビジネス孔子学院とアメリカ・ハワイメリーノールスクール孔子学院です。

北京外大図書館には145万冊近くの紙媒体の中国語・外国語の図書、222万余冊の中国語・外国語の電子図書、1123種の中国語・外国語の逐次刊行物、97の中国語・外国語のデーターベースを所蔵し、言語・文学・文化を主たる資料とするのが本図書館の特色となっています。近年来、学科建設の発展に伴い、政治・法律・外交・経済・マスコミ・管理などの文献も徐々に体系的な蔵書となってきました。本学は情報化建設を強化しつつ、「開放、連携、スマート、イノベーション、融合」という情報化の枠組みを形成させ、多言語ホームページ、デジタル北京外大、データセンターソフトフェアプラットフォームなどの代表的なものを開発しました。そのうち、多言語ホームページプロジェクトは2015年にスタートし、50か国の言語に及んでいます。2018年、教育部の人工智能をもって教師陣の充実を図るプロジェクト試行校に入選されました。

長きにわたる大学建設の道のりにおいて、北京外国語大学は国家の発展戦略のニーズにこたえるよう、「外精・通」の教育理念及び「兼容併蓄、博識篤行」の校訓精神のもと、外交通翻訳・教育・経済貿易・マスコミ・法律及び金融など、ハイレベルの国際的人材育成の重要な拠点となっています。北京外大を卒業した者は世界各国・全国各地において様々な業種に携わり、身を立てて優れた業績をあげ、社会の重責をになうエリートとして活躍しています。不完全な統計によれば、北京外大卒業生のうち、在外大使就任者は400名余り、参事官就任者は2000名余りにのぼり、それゆえ、本学は「共和国外交官のゆりかご」と称されています。

現在、北京外大は習近平新時代の中国の特色ある社会主義思想と中国共産党第十九回全国代表大会の趣旨を全面的・徹底的に貫き、伝統を守り、卓越を求め、完璧を目指し、本学の安定的な発展を促進し、国家がただちに求めている社会責任感・イノベーション精神・実践力を併せ持ち中国思い・国際的な視野・思考力・異文化交渉力に長ける複合型・複語型・ハイレベルのグローバル人材の育成に努め、中国特色のある世界一流の外国語大学の建設歩調を速めています。



中国北京市海淀区西三環路2号 100089

国際交流と協力処

孔子学院事務所

留学生事務室

大学事務室

Copyright@BFSU.Support by ITC