top news

  • 本学と日本跡見学園女子大学が協力協定締結

    5月17日午前、日本跡見学園女子大学学長笠原清志氏がミッションを率いて本学を訪問し、両大学がグローバル人材育成領域の協力推進のための協力協定を締結した。本学党委員会常務委員・副学長閆国華氏が笠原清志学長一行と会見した。 閆国華氏は、北京外国語大学の「双一流」建設の状況及び複合型人材育成の方針を紹介し、協力協定の締結を機に、両大学が実質的な交流と協力の展開への期待を述べた。閆氏はまた、北京日本学研究センターが中国の日本学研究領域における重要な学術的地位を紹介し、今後両大学がより多くの中日交流を促進するためのグローバル人材の育成に希望を寄せた。 笠原清志学長は、跡見学園女子大学が引き続き北京外国語大学と突っ込んだ交流を展開したい意思を伝えた上、跡見学園女子大学の建設及び発展の歴史にい...

  • アイスランド教育・科学技術と文化部部長Lilja Alfreðsdóttir氏が本学訪問

    5月14日午前、アイスランド教育・科学技術と文化部部長Lilja Alfreðsdóttir氏がミッションを率いて本学を訪問し、本学党委員会書記王定華氏、党委員会常務委員・副学長賈文鍵氏がAlfreðsdóttir氏一行と会見した。 王定華氏は、ミッション一行のご来訪に歓迎の意を表し、アイスランド政府が長年北京外大のアイスランド語に対する支持及び援助に感謝した。その後、北京外大建学の歴史、学科専攻の建設、人材育成のモデルなどの状況を紹介し、とりわけ2005年に本学アイスランド語専攻が開設されてから本日まで歩んできた道のりを振り返り、アイスランド研究センターの発展計画に触れた。その上、北京外大アイスランド語とアイスランド研究センターが中ア両国関係の発展に果たすべき貢献をしていくことに希望を寄...

  • 北京外国語大学の協力で設立されたフランスESCPヨーロッパ・ビジネススクールのビジネス孔子学院が除幕

    5月13日、本学とフランスESCPヨーロッパ・ビジネススクールが協力して設立したビジネス孔子学院の除幕式が行われた。 中国駐フランス大使翟隽氏、大使館教育担当公使・参事官楊進氏、フランス国民議会仏中友好協会主席陳文雄氏、パリ大都市圏議会第一副議長ジェローム・シャルティエ氏、ESCPヨーロッパ・ビジネススクール学長フランク・ブルノワ氏、本学副学長閆国華氏が除幕式に出席した。仏・中資企業代表、北京外国語大学フランス校友会代表、フランス工商企業及び教育界の代表が除幕式に出席した。孔子学院中国側院長張敏氏とフランス側院長劉国堅氏が除幕式の司会を務めた。 翟隽氏は、今年は中国・フランス国交樹立55周年にあたり、今現在人文領域における中仏の交流協力の勢いが強まってきている。両国の民衆とりわけ...

  • 日本外務省河野太郎大臣が本学訪問

    4月13日午後、日本外務大臣河野太郎が本学を訪問し、北京日本学研究センターの教員及び学生と交流を行った。本学党委員会書記王定華氏、副学長賈徳忠氏が河野外務大臣一行と会見した。 王定華氏は、河野外務大臣のご来訪に歓迎の意を表した上、中日両国の交流協力は新しい歴史段階を迎え、今年の6月に大坂で開催されるG20サミットにおける両国首脳の会談がきっと中日関係の更なる発展を推進するだろう。河野大臣ご一行の北京外国語大学訪問は、北京外大の中日交流及び日本学研究の発展に重要な意味を持つ。ここ数年来、北京外国語大学は複合型人材の育成を強化しつつ、大学のグローバル化の発展を推進し、日本の多くの名門大学と協力関係を結んできた。中国教育部と日本国際交流基金が協力して創設した北京日本学研究センターは、日本政府...

  • 本学6の新設学士課程認められ 外国語教育が101言語に

    最近、教育部は2018年度普通大学学士課程届出及び審査結果を公表した。本学が申請したタマジクト語、ジャワ語、パンジャブ語、外国言語と外国歴史、コミュニケーション学、国際組織とグローバル・ガバナンスなど6の学士課程は、正式に教育部の認可により、新設された。 目下、本学では、計121の学士課程が設けられている。そのうち、外国語を専攻とするのは102(翻訳専攻、外国言語と外国歴史専攻を含む)課程であり、非言語専攻は19課程である。45の課程は中国国内唯一のものとなっている。   ...

  • ドイツベルリン自由大学副学長タルコット氏が本学訪問

    3月19日午前、ドイツベルリン自由大学副学長ヴェレーナ・ブレッヒンガー=タルコット(Verena Blechinger-Talcott)氏が本学を訪問し、閆国華副学長がタルコット氏一行と会見した。 閆国華氏は、北京外国語大学の学科建設、語学教育の発展、人材育成などの状況及び北京外大が国際化と世界一流学科建設における措置を紹介し、ベルリン自由大学と大学間の学術協力関係を結びたいという意向を伝えた。 タルコット氏は、ベルリン自由大学の状況及び今回の北京外大訪問の目的を紹介し、双方が両大学間の多領域にわたる交流・協力をともに推進することに希望を寄せた。 国際交流と合作処柯静処長、北京日本学研究センター日本側主任教授園田茂人先生、同センター中国側副主任郭連友教授、党支部副書記宋金文...

  • 日本元首相大平正芳の孫娘・渡辺満子氏 本学北京日本研究センター訪問

    12月21日午前、日本元首相大平正芳の孫娘で日中映画祭実施委員会副委員長の渡辺満子氏が本学北京日本学研究センターを訪問した。北京日本学研究センター郭連友副主任、徐一平前主任が渡辺満子氏と会見した。 2018年12月18日、国際社会の中国改革開放事業への寄与に感謝するために、中国政府はアラン・メリュー(Alain Merieux)等10名の国際友人に「中国改革友誼勲章」を授与し、中日国交正常化を推進し、中国の改革開放事業を支持した日本元首相大平正芳が受賞した。渡辺満子氏の今回の北京訪問は、母方の祖父・大平正芳の代わりに「中国改革友誼勲章」を受賞するためであった。 渡辺満子氏は、昔大平正芳が中日両国の国交正常化を推進し、中国の改革開放を支持したこと及び両国の教育文化の交流事業に尽力し...

  • アゼルバイジャン大統領事務局副局長ラヒモフ•エルチン氏が本学訪問、教員・学生と交流

    12月10日午後、アゼルバイジャン大統領事務局副局長ラヒモフ•エルチン(Elchin Rahimov)氏がミッションを率いて本学を訪問した。彭龍学長、閆国華副学長がラヒモフ氏一行と会見した。 彭龍学長は、北京外国語大学の教育・研究の基本状況を紹介し、これまでアゼルバイジャンとの数次にわたる友好交流を振り返り、アゼルバイジャンの言語教育の建設を推進し、アゼルバイジャン研究センターの設立を実現させ、より多くのアゼルバイジャン籍の学部生・大学院生が本学へ留学にきてもらうよう努めたいと述べた。 ラヒモフ氏は、優れた教師陣を有する北京外国語大学は、教育の成果が著しく、中国の外交及び語学教育の領域において名を馳せている。アゼルバイジャンとしては、積極的に北京外大と提携し、中国の「一帯一路」イ...

  • 彭龍学長と閆国華副学長 第十三回世界孔子学院大会に出席

    12月4日から5日まで、第十三回孔子学院大会が成都で開催された。国務院副総理・孔子学院総本部理事会主席孫春蘭氏が大会の開幕式に出席し、挨拶した。本大会は「改革・イノベーションが発展を促し、手を携えて心を合わせて未来を創る」をテーマとし、二つのテーマ・セッション、八つの中国側・外国側学長フォーラム、20のワークショップが設けられ、154の国・地域から1500名あまりの代表が大会に参加した。本学彭龍学長、閆国華副学長が招聘を受けて大会に出席した。教育部長、孔子学院総本部理事会副主席の陳宝生氏が開幕式の司会をつとめた。 本学は「中国側孔子学院先進提携機関」として受賞し、当該賞の四度目の受賞となる。教育部副部長田学軍氏が閆国華副学長に賞の盾を贈呈した。本学の協力で設立されたバルセロナ孔子学院、...

  • パキスタン駐中国大使マスード・ハレド氏が本学訪問

    12月3日午後、パキスタン駐中国大使マスード・ハレド氏が本学を訪問した。彭龍学長、賈文鍵副学長がマスード・ハレド氏一行と会見し、双方はウルドゥー語専攻の建設、パキスタン研究及び中国・パキスタンの教育連携について会談を行った。   ...

  • 北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院2018年年次大会開催

    12月1日午前、「北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院中外学者フォーラム及び北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院2018年年次大会」が本学行政ビル付属ビルで開幕された。今回の会議は本学の協力で設立された海外孔子学院の第十二回目の年次大会であり、「孔子学院の建学モデルと教育の質」をテーマとした。本学の協力で設立された海外孔子学院の中国側・外国側理事及び院長44人が大会に出席した。   ...

  • 北京日本学研究センター2018年度協力会議挙行

    11月26日午後、北京日本学研究センター2018年度協力会議が行政ビルで行われた。三菱商事(中国)商業有限公司河合耕作社長、日本国際交流基金日本研究知的交流部柳沢賢一部長、本学閆国華副学長が会議に出席した。 閆国華氏は、北京外大の「双一流」の建設状況を紹介し、今後引き続き日本国際交流基金との協力を強化したい意を表した。また、北京日本学研究センターが日本の知名大学及び研究機構との提携ルートを更に模索し、教育において、修士課程のダブルディグリー・プロジェクト、留学生の交換及び学術会議の共同主催などを通じて教育の質を高め、研究において、優秀な教員陣を構築し、区域と国別研究基地の役割を強化し、より豊かな研究成果を産出することに希望を寄せた。 柳沢賢一氏は、まず中日両国の関係が暖かさを取り...

  • シリア教育部副部長が本学訪問

    11月25日、本学党委員会王定華書記がシリア教育部副部長ファラー・スレイマン・アール・ムトラク(Farah Sulaiman Al.Mutlak)氏一行と会見した。 王定華氏は、アール・ムトラク氏のご来訪に歓迎の意を表した上、北京外大の歴史伝承・教育特色を紹介し、北京外大アラビア語専攻の発展の歴史及び中国とシリアとの友好交流の歴史を振り返り、今後北京外大がシリアの関連大学とより多くの教育・研究及びアラビア語の教育・研究における協力を展開することに希望を寄せた。 アール・ムトラク氏は、シリアのアラビア語教育人材が大変充実しており、双方には今後協力を拡大する可能性が多く残されていると述べた。また、北京外大の招聘を受けて「第二回一帯一路教育フォーラム」に参加できたことを喜び、一帯一路沿...

  • ドイツ・ミューヘン応用言語大学フェリックス・マイヤー学長が本学を訪問

    11月16日午前、ドイツ・ミューヘン応用言語大学学長フェリックス・マイヤー(Felix Mayer)氏が本学を訪問し、彭龍学長はマイヤー学長と会見し、客員教授招聘状を贈呈した。 彭龍学長は、ミューヘン応用言語大学がこれまで北京外大を支援してきたことに感謝の意を表し、両大学が協力してハイレベルの同時通訳人材を育成する修士課程のダブル・ディグリープログラムを高く評価し、双方が翻訳・ドイツ研究などの領域における協力を強化する一方、政治学・経済学・国際関係などの領域における学生の共同育成の拡大に期待を寄せた。 マイヤー学長は、北京外大がドイツ語学部で講座を開く機会を提供してくださったことに感謝の意を表し、翻訳における技術発展の応用をシェアし、双方が教員・学生の育成、教育研究、孔子学院にお...

  • アラブ首長国連邦議長アマル・アル・クバイシ氏 ミッション率いて本学訪問、講演

    11月6日午前、アラブ首長国連邦国民評議会議長アマル・アル・クバイシ氏がミッションを率いて本学を訪問し、講演を行った。アラブ首長国連邦駐中国大使アル・ザヒリ氏、全国人民代表大会外事委員会委員劉健氏、全国人民代表大会常務委員会弁公庁外事局副局長劉鋭氏、全国人民代表大会常務委員会弁公庁外事局処長蘭梅氏等が随行した。彭龍学長が講演会に出席して挨拶をした。ザーイド研究センター主任薛慶国氏が講演会の司会をつとめた。   ...

  • ベラルーシ駐中国大使ルード・キリル・ヴァレンチーノヴィチ氏が本学訪問

    10月19日午前、ベラルーシ駐中国大使ルード・キリル・ヴァレンチーノヴィチ氏が本学を訪問し、講演を行った。彭龍学長はルード氏一行と会見した。   ...

  • 王定華書記、ミッション率いてロシア・フィンランド・オランダ訪問

    10月10日から18日まで、本学党委員会王定華書記がミッションを率いてロシア・フィンランド・オランダを訪問し、ロシアのモスクワ国立言語大学・ゲルツェン国立教育大学・サンクトペテルブルク東方文献研究所、フィンランドのタンペレ大学・ラップランド大学、オランダのオランダ語連合・ライデン大学などの学術研究機構と交流を行い、協力協定を結んだ。訪問期間中、王定華書記一行はまた中国駐ロシア大使館、中国駐フィンランド大使館、中国駐オランダ大使館を表敬訪問した。   ...

  • ノルウェー・ベルゲン大学ダグ・ルネ・オルセン学長が本学訪問

    10月17日午前、ノルウェー・ベルゲン大学ダグ・ルネ・オルセン(Dag Rune Olsen)学長、アンネリ・エリクセン(Annelin Eriksen)副学長が本学を訪問した。彭龍学長、賈徳忠副学長がオルセン氏一行と会見した。 彭龍学長は、今年6月にベルゲン大学を訪問した際、心のこもったもてなしをしていただいたことに対して感謝の意を述べ、双方の効果の著しい会談及び交流協定を結んだ成果を高く評価した。また、本学の国際交流の概況及びノルウェー語・ノルウェー研究センターの建設状況を紹介し、双方が引き続き言語文化・法学・政治学・商学及び国別・地域研究などの領域において実質的な協力を強化することに希望を寄せた。 賈徳忠副学長は、北京外大の新設した外国語専攻及び中・英文によって教授される多...

  • 日本慶応義塾大学長谷山彰塾長が本学訪問

    10月12日午後、日本慶応義塾大学長谷山彰塾長が本学を訪問した。本学彭龍学長、閆国華副学長が長谷山彰塾長一行と会見し、双方は大学間の交流のより一層の推進をめぐって突っ込んだ議論を行い、大学間交流協定に調印した。 北京外国語大学と日本慶応義塾大学大学間交流協定調印式及び慶応義塾大学著名教授フォーラムは北京日本学研究センターで行われ、日本語学部徐滔主任が調印式の司会を務めた。 彭龍学長は、挨拶において慶応義塾大学が中日の人文交流に貢献してきたことを高く評価し、北京外大の多言語教育の特色及び世界に中国の伝統文化を発信する使命と決心を紹介した。また、両大学が全面的協力、学術と文化交流の強化、両国の若者の相互理解の深化に力を尽くすと述べた。 長谷山彰塾長は、中日平和友好条約締結40周...

  • ポルトガルコインブラ大学ジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ副学長が本学訪問

    10月8日午前、ポルトガルコインブラ大学ジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ(Joaquim Ramos de Carvalho)副学長が本学を訪問した。彭龍学長、閆国華副学長がジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ氏一行と会見し、双方は両大学の多専攻、多学部にわたる交流及び協力について議論した。   ...

  • デンマーク皇太子フレデリック殿下が本学訪問

    9月27日午前、デンマーク皇太子フレデリック殿下がミッションを率いて本学を訪問し、北京外国語大学デンマーク研究センターの除幕式に出席し、デンマーク語専攻の教員・学生と懇談した。今回はフレデリック殿下の二回目の本学訪問であり、2017年9月、フレデリック殿下はかつて本学で行われた第三回「中国・北欧カップ」サッカー招待試合の関連イベントに出席するため本学を訪問した。   ...

  • 彭龍学長 ミッション率いてパナマ、エクアドル及びアルゼンチン訪問

    9月13日から21日まで、彭龍学長がミッションを率いてパナマ、エクアドル、アルゼンチン三ヵ国を訪問し、パナマ大学、エクアドルクエンカ大学、エクアドル中央大学、アルゼンチンカトリック大学、ブエノスアイレス大学、コルドバ国立大学、UADE商業大学などラテンアメリカの名門大学と大学間の交流を行い、多数の協力協定書を締結し、中国駐パナマ大使及び中国駐エクアドル大使を表敬訪問した。   ...

  • アラビア学院設立60周年記念大会が挙行

    9月15日、アラビア学院設立60周年記念大会がアラビア語ビル国際会議ホールで行われた。全国各地から200人あまりの校友及び20名近くの昔の恩師がアラビア学院に集まった。 アラブ首長国連邦駐中国大使アリ・オベイド・アル・ダヘリ氏、本学党委員会書記王定華氏、本学理事機関広西柳工集団有限公司代表侯宇博氏が記念大会に出席した。   ...

  • 日本文部科学省林芳正大臣一行が本学訪問

    8月29日午後、「中日平和友好条約締結40周年記念――中日大学生千人交流大会」に出席するために中国訪問中の日本文部科学省林芳正大臣一行が格別本学北京日本学研究センターを訪問した。 彭龍学長、孫有中副学長等の案内のもと、林芳正大臣一行が北京日本学研究センターの図書館、同時通訳教室、「中日平和友好条約締結40周年記念特別写真展(北京日本学研究センター1985~2018)――中日交流・協力の足跡」を見学した。 見学後、北京日本学研究センター三階多目的ホールにおいて林芳正大臣の歓迎会が行われ、孫有中副学長が歓迎会の司会を務めた。 彭龍学長は、今年は中日平和友好条約締結40周年にあたり、林大臣のご来訪が本学の中日交流及び日本研究の更なる発展にとって極めて重要な意義を持つ。ここ数年来、...

  • 2018年度入学式を挙行

    9月12日午前、2018年入学式が体育館で行われた。学部生1454名、修士課程大学院生1071名、予科生20名、ネットと継続教育学院の一部の学生及び留学生代表が入学式に出席した。   ...

  • ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキー・サアベドラ氏が本学訪問

    9月10日午後、ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキー・サアベドラ氏が本学を訪問し、「中国・ウルグアイ国交樹立三十周年の回顧と展望」をテーマに講演を行った。全国政治協商会議副秘書長郭軍氏、ウルグアイ副外相アリエル・アルトゥーロ・ベルガミノ・ソサ氏、ウルグアイ駐中国大使フェルナンド・ルグリス氏等が同行した。   ...

  • 北京外国語大学2018年度学部卒業式及び学士学位記授与式を挙行

    6月28日、北京外国語大学2018年度学部卒業式及び学士学位記授与式が挙行された。今年度、計1372名の国内外の学部生が本学を卒業し、そのうち、60名の学生が「北京市優秀卒業生」の称号を、121名の学生が「北京外国語大学優秀卒業生」の称号を獲得した。   ...

  • 彭龍学長 北京日本学研究センター新任日本側主任教授・元東京大学副学長園田茂人氏と会見

    6月27日午後、彭龍学長は北京日本学研究センター新任日本側主任教授・元東京大学副学長園田茂人氏と会見した。 彭龍学長は北京外国語大学の教育発展の現状を紹介し、東京大学と大学間交流協力関係を結びたい希望を示した。園田茂人氏は日本の大学の管理モデル及び東京大学と海外の大学との学術交流の現状を紹介した。 双方は文学、日本学研究、経済学、国際関係などの諸学科・領域における北京外国語大学と東京大学との教員・学生間の交流を共に推進することに合意した。 日本国際交流基金北京文化センター高橋耕一郎所長、本学国際協力と交流処柯静処長、北京日本学研究センター郭連友副主任、北京日本学研究センター宋金文副書記等が会見に出席した。 東京大学は世界にも高く評価されている日本最高峰の大学である。本...

  • 北京外国語大学2018年度大学院修了式並びに学位記授与式を挙行

    6月27日、北京外国語大学2018年度大学院修了式並びに学位記授与式が挙行された。今年度、計830名の大学院生が本学を修了した。   ...

  • 彭龍学長 ミッション率いてノルウェー、リトアニア、カザフスタン訪問

    6月12日から20日まで、彭龍学長がミッションを率いてノルウェー、リトアニア、カザフスタン三ヵ国に赴き、オスロ大学、ベルゲン大学、ヴィータウタス・マグヌス大学、アスタナ国際学術総合体、カザフ国立大学など多数の著名大学及び学術機構を訪問し、大学間の交流を促し、複数の協定を結んだ。訪問期間中、本学ミッションがまた中国駐ノルウェー大使、中国駐リトアニア大使、中国駐カザフスタン大使・駐アルマトイ総領事・カザフスタン教育科学部部長及びカザフスタン大統領補佐官兼国家安全委員会書記を表敬訪問した。  ...

  • 本学と日本跡見学園女子大学が協力協定締結

    5月17日午前、日本跡見学園女子大学学長笠原清志氏がミッションを率いて本学を訪問し、両大学がグローバル人材育成領域の協力推進のための協力協定を締結した。本学党委員会常務委員・副学長閆国華氏が笠原清志学長一行と会見した。 閆国華氏は、北京外国語大学の「双一流」建設の状況及び複合型人材育成の方針を紹介し、協力協定の締結を機に、両大学が実質的な交流と協力の展開への期待を述べた。閆氏はまた、北京日本学研究センターが中国の日本学研究領域における重要な学術的地位を紹介し、今後両大学がより多くの中日交流を促進するためのグローバル人材の育成に希望を寄せた。 笠原清志学長は、跡見学園女子大学が引き続き北京外国語大学と突っ込んだ交流を展開したい意思を伝えた上、跡見学園女子大学の建設及び発展の歴史にい...

  • アイスランド教育・科学技術と文化部部長Lilja Alfreðsdóttir氏が本学訪問

    5月14日午前、アイスランド教育・科学技術と文化部部長Lilja Alfreðsdóttir氏がミッションを率いて本学を訪問し、本学党委員会書記王定華氏、党委員会常務委員・副学長賈文鍵氏がAlfreðsdóttir氏一行と会見した。 王定華氏は、ミッション一行のご来訪に歓迎の意を表し、アイスランド政府が長年北京外大のアイスランド語に対する支持及び援助に感謝した。その後、北京外大建学の歴史、学科専攻の建設、人材育成のモデルなどの状況を紹介し、とりわけ2005年に本学アイスランド語専攻が開設されてから本日まで歩んできた道のりを振り返り、アイスランド研究センターの発展計画に触れた。その上、北京外大アイスランド語とアイスランド研究センターが中ア両国関係の発展に果たすべき貢献をしていくことに希望を寄...

  • 北京外国語大学の協力で設立されたフランスESCPヨーロッパ・ビジネススクールのビジネス孔子学院が除幕

    5月13日、本学とフランスESCPヨーロッパ・ビジネススクールが協力して設立したビジネス孔子学院の除幕式が行われた。 中国駐フランス大使翟隽氏、大使館教育担当公使・参事官楊進氏、フランス国民議会仏中友好協会主席陳文雄氏、パリ大都市圏議会第一副議長ジェローム・シャルティエ氏、ESCPヨーロッパ・ビジネススクール学長フランク・ブルノワ氏、本学副学長閆国華氏が除幕式に出席した。仏・中資企業代表、北京外国語大学フランス校友会代表、フランス工商企業及び教育界の代表が除幕式に出席した。孔子学院中国側院長張敏氏とフランス側院長劉国堅氏が除幕式の司会を務めた。 翟隽氏は、今年は中国・フランス国交樹立55周年にあたり、今現在人文領域における中仏の交流協力の勢いが強まってきている。両国の民衆とりわけ...

  • 日本外務省河野太郎大臣が本学訪問

    4月13日午後、日本外務大臣河野太郎が本学を訪問し、北京日本学研究センターの教員及び学生と交流を行った。本学党委員会書記王定華氏、副学長賈徳忠氏が河野外務大臣一行と会見した。 王定華氏は、河野外務大臣のご来訪に歓迎の意を表した上、中日両国の交流協力は新しい歴史段階を迎え、今年の6月に大坂で開催されるG20サミットにおける両国首脳の会談がきっと中日関係の更なる発展を推進するだろう。河野大臣ご一行の北京外国語大学訪問は、北京外大の中日交流及び日本学研究の発展に重要な意味を持つ。ここ数年来、北京外国語大学は複合型人材の育成を強化しつつ、大学のグローバル化の発展を推進し、日本の多くの名門大学と協力関係を結んできた。中国教育部と日本国際交流基金が協力して創設した北京日本学研究センターは、日本政府...

  • 本学6の新設学士課程認められ 外国語教育が101言語に

    最近、教育部は2018年度普通大学学士課程届出及び審査結果を公表した。本学が申請したタマジクト語、ジャワ語、パンジャブ語、外国言語と外国歴史、コミュニケーション学、国際組織とグローバル・ガバナンスなど6の学士課程は、正式に教育部の認可により、新設された。 目下、本学では、計121の学士課程が設けられている。そのうち、外国語を専攻とするのは102(翻訳専攻、外国言語と外国歴史専攻を含む)課程であり、非言語専攻は19課程である。45の課程は中国国内唯一のものとなっている。   ...

  • ドイツベルリン自由大学副学長タルコット氏が本学訪問

    3月19日午前、ドイツベルリン自由大学副学長ヴェレーナ・ブレッヒンガー=タルコット(Verena Blechinger-Talcott)氏が本学を訪問し、閆国華副学長がタルコット氏一行と会見した。 閆国華氏は、北京外国語大学の学科建設、語学教育の発展、人材育成などの状況及び北京外大が国際化と世界一流学科建設における措置を紹介し、ベルリン自由大学と大学間の学術協力関係を結びたいという意向を伝えた。 タルコット氏は、ベルリン自由大学の状況及び今回の北京外大訪問の目的を紹介し、双方が両大学間の多領域にわたる交流・協力をともに推進することに希望を寄せた。 国際交流と合作処柯静処長、北京日本学研究センター日本側主任教授園田茂人先生、同センター中国側副主任郭連友教授、党支部副書記宋金文...

  • 日本元首相大平正芳の孫娘・渡辺満子氏 本学北京日本研究センター訪問

    12月21日午前、日本元首相大平正芳の孫娘で日中映画祭実施委員会副委員長の渡辺満子氏が本学北京日本学研究センターを訪問した。北京日本学研究センター郭連友副主任、徐一平前主任が渡辺満子氏と会見した。 2018年12月18日、国際社会の中国改革開放事業への寄与に感謝するために、中国政府はアラン・メリュー(Alain Merieux)等10名の国際友人に「中国改革友誼勲章」を授与し、中日国交正常化を推進し、中国の改革開放事業を支持した日本元首相大平正芳が受賞した。渡辺満子氏の今回の北京訪問は、母方の祖父・大平正芳の代わりに「中国改革友誼勲章」を受賞するためであった。 渡辺満子氏は、昔大平正芳が中日両国の国交正常化を推進し、中国の改革開放を支持したこと及び両国の教育文化の交流事業に尽力し...

  • アゼルバイジャン大統領事務局副局長ラヒモフ•エルチン氏が本学訪問、教員・学生と交流

    12月10日午後、アゼルバイジャン大統領事務局副局長ラヒモフ•エルチン(Elchin Rahimov)氏がミッションを率いて本学を訪問した。彭龍学長、閆国華副学長がラヒモフ氏一行と会見した。 彭龍学長は、北京外国語大学の教育・研究の基本状況を紹介し、これまでアゼルバイジャンとの数次にわたる友好交流を振り返り、アゼルバイジャンの言語教育の建設を推進し、アゼルバイジャン研究センターの設立を実現させ、より多くのアゼルバイジャン籍の学部生・大学院生が本学へ留学にきてもらうよう努めたいと述べた。 ラヒモフ氏は、優れた教師陣を有する北京外国語大学は、教育の成果が著しく、中国の外交及び語学教育の領域において名を馳せている。アゼルバイジャンとしては、積極的に北京外大と提携し、中国の「一帯一路」イ...

  • 彭龍学長と閆国華副学長 第十三回世界孔子学院大会に出席

    12月4日から5日まで、第十三回孔子学院大会が成都で開催された。国務院副総理・孔子学院総本部理事会主席孫春蘭氏が大会の開幕式に出席し、挨拶した。本大会は「改革・イノベーションが発展を促し、手を携えて心を合わせて未来を創る」をテーマとし、二つのテーマ・セッション、八つの中国側・外国側学長フォーラム、20のワークショップが設けられ、154の国・地域から1500名あまりの代表が大会に参加した。本学彭龍学長、閆国華副学長が招聘を受けて大会に出席した。教育部長、孔子学院総本部理事会副主席の陳宝生氏が開幕式の司会をつとめた。 本学は「中国側孔子学院先進提携機関」として受賞し、当該賞の四度目の受賞となる。教育部副部長田学軍氏が閆国華副学長に賞の盾を贈呈した。本学の協力で設立されたバルセロナ孔子学院、...

  • パキスタン駐中国大使マスード・ハレド氏が本学訪問

    12月3日午後、パキスタン駐中国大使マスード・ハレド氏が本学を訪問した。彭龍学長、賈文鍵副学長がマスード・ハレド氏一行と会見し、双方はウルドゥー語専攻の建設、パキスタン研究及び中国・パキスタンの教育連携について会談を行った。   ...

  • 北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院2018年年次大会開催

    12月1日午前、「北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院中外学者フォーラム及び北京外国語大学の協力で設立された海外孔子学院2018年年次大会」が本学行政ビル付属ビルで開幕された。今回の会議は本学の協力で設立された海外孔子学院の第十二回目の年次大会であり、「孔子学院の建学モデルと教育の質」をテーマとした。本学の協力で設立された海外孔子学院の中国側・外国側理事及び院長44人が大会に出席した。   ...

  • 北京日本学研究センター2018年度協力会議挙行

    11月26日午後、北京日本学研究センター2018年度協力会議が行政ビルで行われた。三菱商事(中国)商業有限公司河合耕作社長、日本国際交流基金日本研究知的交流部柳沢賢一部長、本学閆国華副学長が会議に出席した。 閆国華氏は、北京外大の「双一流」の建設状況を紹介し、今後引き続き日本国際交流基金との協力を強化したい意を表した。また、北京日本学研究センターが日本の知名大学及び研究機構との提携ルートを更に模索し、教育において、修士課程のダブルディグリー・プロジェクト、留学生の交換及び学術会議の共同主催などを通じて教育の質を高め、研究において、優秀な教員陣を構築し、区域と国別研究基地の役割を強化し、より豊かな研究成果を産出することに希望を寄せた。 柳沢賢一氏は、まず中日両国の関係が暖かさを取り...

  • シリア教育部副部長が本学訪問

    11月25日、本学党委員会王定華書記がシリア教育部副部長ファラー・スレイマン・アール・ムトラク(Farah Sulaiman Al.Mutlak)氏一行と会見した。 王定華氏は、アール・ムトラク氏のご来訪に歓迎の意を表した上、北京外大の歴史伝承・教育特色を紹介し、北京外大アラビア語専攻の発展の歴史及び中国とシリアとの友好交流の歴史を振り返り、今後北京外大がシリアの関連大学とより多くの教育・研究及びアラビア語の教育・研究における協力を展開することに希望を寄せた。 アール・ムトラク氏は、シリアのアラビア語教育人材が大変充実しており、双方には今後協力を拡大する可能性が多く残されていると述べた。また、北京外大の招聘を受けて「第二回一帯一路教育フォーラム」に参加できたことを喜び、一帯一路沿...

  • ドイツ・ミューヘン応用言語大学フェリックス・マイヤー学長が本学を訪問

    11月16日午前、ドイツ・ミューヘン応用言語大学学長フェリックス・マイヤー(Felix Mayer)氏が本学を訪問し、彭龍学長はマイヤー学長と会見し、客員教授招聘状を贈呈した。 彭龍学長は、ミューヘン応用言語大学がこれまで北京外大を支援してきたことに感謝の意を表し、両大学が協力してハイレベルの同時通訳人材を育成する修士課程のダブル・ディグリープログラムを高く評価し、双方が翻訳・ドイツ研究などの領域における協力を強化する一方、政治学・経済学・国際関係などの領域における学生の共同育成の拡大に期待を寄せた。 マイヤー学長は、北京外大がドイツ語学部で講座を開く機会を提供してくださったことに感謝の意を表し、翻訳における技術発展の応用をシェアし、双方が教員・学生の育成、教育研究、孔子学院にお...

  • アラブ首長国連邦議長アマル・アル・クバイシ氏 ミッション率いて本学訪問、講演

    11月6日午前、アラブ首長国連邦国民評議会議長アマル・アル・クバイシ氏がミッションを率いて本学を訪問し、講演を行った。アラブ首長国連邦駐中国大使アル・ザヒリ氏、全国人民代表大会外事委員会委員劉健氏、全国人民代表大会常務委員会弁公庁外事局副局長劉鋭氏、全国人民代表大会常務委員会弁公庁外事局処長蘭梅氏等が随行した。彭龍学長が講演会に出席して挨拶をした。ザーイド研究センター主任薛慶国氏が講演会の司会をつとめた。   ...

  • ベラルーシ駐中国大使ルード・キリル・ヴァレンチーノヴィチ氏が本学訪問

    10月19日午前、ベラルーシ駐中国大使ルード・キリル・ヴァレンチーノヴィチ氏が本学を訪問し、講演を行った。彭龍学長はルード氏一行と会見した。   ...

  • 王定華書記、ミッション率いてロシア・フィンランド・オランダ訪問

    10月10日から18日まで、本学党委員会王定華書記がミッションを率いてロシア・フィンランド・オランダを訪問し、ロシアのモスクワ国立言語大学・ゲルツェン国立教育大学・サンクトペテルブルク東方文献研究所、フィンランドのタンペレ大学・ラップランド大学、オランダのオランダ語連合・ライデン大学などの学術研究機構と交流を行い、協力協定を結んだ。訪問期間中、王定華書記一行はまた中国駐ロシア大使館、中国駐フィンランド大使館、中国駐オランダ大使館を表敬訪問した。   ...

  • ノルウェー・ベルゲン大学ダグ・ルネ・オルセン学長が本学訪問

    10月17日午前、ノルウェー・ベルゲン大学ダグ・ルネ・オルセン(Dag Rune Olsen)学長、アンネリ・エリクセン(Annelin Eriksen)副学長が本学を訪問した。彭龍学長、賈徳忠副学長がオルセン氏一行と会見した。 彭龍学長は、今年6月にベルゲン大学を訪問した際、心のこもったもてなしをしていただいたことに対して感謝の意を述べ、双方の効果の著しい会談及び交流協定を結んだ成果を高く評価した。また、本学の国際交流の概況及びノルウェー語・ノルウェー研究センターの建設状況を紹介し、双方が引き続き言語文化・法学・政治学・商学及び国別・地域研究などの領域において実質的な協力を強化することに希望を寄せた。 賈徳忠副学長は、北京外大の新設した外国語専攻及び中・英文によって教授される多...

  • 日本慶応義塾大学長谷山彰塾長が本学訪問

    10月12日午後、日本慶応義塾大学長谷山彰塾長が本学を訪問した。本学彭龍学長、閆国華副学長が長谷山彰塾長一行と会見し、双方は大学間の交流のより一層の推進をめぐって突っ込んだ議論を行い、大学間交流協定に調印した。 北京外国語大学と日本慶応義塾大学大学間交流協定調印式及び慶応義塾大学著名教授フォーラムは北京日本学研究センターで行われ、日本語学部徐滔主任が調印式の司会を務めた。 彭龍学長は、挨拶において慶応義塾大学が中日の人文交流に貢献してきたことを高く評価し、北京外大の多言語教育の特色及び世界に中国の伝統文化を発信する使命と決心を紹介した。また、両大学が全面的協力、学術と文化交流の強化、両国の若者の相互理解の深化に力を尽くすと述べた。 長谷山彰塾長は、中日平和友好条約締結40周...

  • ポルトガルコインブラ大学ジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ副学長が本学訪問

    10月8日午前、ポルトガルコインブラ大学ジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ(Joaquim Ramos de Carvalho)副学長が本学を訪問した。彭龍学長、閆国華副学長がジョアキン・ラモス・デ・カルバーリョ氏一行と会見し、双方は両大学の多専攻、多学部にわたる交流及び協力について議論した。   ...

  • デンマーク皇太子フレデリック殿下が本学訪問

    9月27日午前、デンマーク皇太子フレデリック殿下がミッションを率いて本学を訪問し、北京外国語大学デンマーク研究センターの除幕式に出席し、デンマーク語専攻の教員・学生と懇談した。今回はフレデリック殿下の二回目の本学訪問であり、2017年9月、フレデリック殿下はかつて本学で行われた第三回「中国・北欧カップ」サッカー招待試合の関連イベントに出席するため本学を訪問した。   ...

  • 彭龍学長 ミッション率いてパナマ、エクアドル及びアルゼンチン訪問

    9月13日から21日まで、彭龍学長がミッションを率いてパナマ、エクアドル、アルゼンチン三ヵ国を訪問し、パナマ大学、エクアドルクエンカ大学、エクアドル中央大学、アルゼンチンカトリック大学、ブエノスアイレス大学、コルドバ国立大学、UADE商業大学などラテンアメリカの名門大学と大学間の交流を行い、多数の協力協定書を締結し、中国駐パナマ大使及び中国駐エクアドル大使を表敬訪問した。   ...

  • アラビア学院設立60周年記念大会が挙行

    9月15日、アラビア学院設立60周年記念大会がアラビア語ビル国際会議ホールで行われた。全国各地から200人あまりの校友及び20名近くの昔の恩師がアラビア学院に集まった。 アラブ首長国連邦駐中国大使アリ・オベイド・アル・ダヘリ氏、本学党委員会書記王定華氏、本学理事機関広西柳工集団有限公司代表侯宇博氏が記念大会に出席した。   ...

  • 日本文部科学省林芳正大臣一行が本学訪問

    8月29日午後、「中日平和友好条約締結40周年記念――中日大学生千人交流大会」に出席するために中国訪問中の日本文部科学省林芳正大臣一行が格別本学北京日本学研究センターを訪問した。 彭龍学長、孫有中副学長等の案内のもと、林芳正大臣一行が北京日本学研究センターの図書館、同時通訳教室、「中日平和友好条約締結40周年記念特別写真展(北京日本学研究センター1985~2018)――中日交流・協力の足跡」を見学した。 見学後、北京日本学研究センター三階多目的ホールにおいて林芳正大臣の歓迎会が行われ、孫有中副学長が歓迎会の司会を務めた。 彭龍学長は、今年は中日平和友好条約締結40周年にあたり、林大臣のご来訪が本学の中日交流及び日本研究の更なる発展にとって極めて重要な意義を持つ。ここ数年来、...

  • 2018年度入学式を挙行

    9月12日午前、2018年入学式が体育館で行われた。学部生1454名、修士課程大学院生1071名、予科生20名、ネットと継続教育学院の一部の学生及び留学生代表が入学式に出席した。   ...

  • ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキー・サアベドラ氏が本学訪問

    9月10日午後、ウルグアイ副大統領ルシア・トポランスキー・サアベドラ氏が本学を訪問し、「中国・ウルグアイ国交樹立三十周年の回顧と展望」をテーマに講演を行った。全国政治協商会議副秘書長郭軍氏、ウルグアイ副外相アリエル・アルトゥーロ・ベルガミノ・ソサ氏、ウルグアイ駐中国大使フェルナンド・ルグリス氏等が同行した。   ...

  • 北京外国語大学2018年度学部卒業式及び学士学位記授与式を挙行

    6月28日、北京外国語大学2018年度学部卒業式及び学士学位記授与式が挙行された。今年度、計1372名の国内外の学部生が本学を卒業し、そのうち、60名の学生が「北京市優秀卒業生」の称号を、121名の学生が「北京外国語大学優秀卒業生」の称号を獲得した。   ...

  • 彭龍学長 北京日本学研究センター新任日本側主任教授・元東京大学副学長園田茂人氏と会見

    6月27日午後、彭龍学長は北京日本学研究センター新任日本側主任教授・元東京大学副学長園田茂人氏と会見した。 彭龍学長は北京外国語大学の教育発展の現状を紹介し、東京大学と大学間交流協力関係を結びたい希望を示した。園田茂人氏は日本の大学の管理モデル及び東京大学と海外の大学との学術交流の現状を紹介した。 双方は文学、日本学研究、経済学、国際関係などの諸学科・領域における北京外国語大学と東京大学との教員・学生間の交流を共に推進することに合意した。 日本国際交流基金北京文化センター高橋耕一郎所長、本学国際協力と交流処柯静処長、北京日本学研究センター郭連友副主任、北京日本学研究センター宋金文副書記等が会見に出席した。 東京大学は世界にも高く評価されている日本最高峰の大学である。本...

  • 北京外国語大学2018年度大学院修了式並びに学位記授与式を挙行

    6月27日、北京外国語大学2018年度大学院修了式並びに学位記授与式が挙行された。今年度、計830名の大学院生が本学を修了した。   ...

  • 彭龍学長 ミッション率いてノルウェー、リトアニア、カザフスタン訪問

    6月12日から20日まで、彭龍学長がミッションを率いてノルウェー、リトアニア、カザフスタン三ヵ国に赴き、オスロ大学、ベルゲン大学、ヴィータウタス・マグヌス大学、アスタナ国際学術総合体、カザフ国立大学など多数の著名大学及び学術機構を訪問し、大学間の交流を促し、複数の協定を結んだ。訪問期間中、本学ミッションがまた中国駐ノルウェー大使、中国駐リトアニア大使、中国駐カザフスタン大使・駐アルマトイ総領事・カザフスタン教育科学部部長及びカザフスタン大統領補佐官兼国家安全委員会書記を表敬訪問した。  ...