北京外大について

北京外国語大学は北京市海澱区西三環北路に位置し、三環路をはさんで東西二つのキャンパスに分かれています。本校は中国教育部直属の名門大学で、「985」優位学科創出プラットフォーム/第一期「211プロジェクト」大学として建設され、中国の大学の中でも最も歴史が古く、教育を行う言語の種類も最も多い、あらゆるレベルに対応した外国語大学です。

北京外国語大学の前身は1941年創立の中国人民抗日軍政大学第三分校ロシア語大隊です。その後、延安外国語学校となり、創立当初は党中央に帰属していました。新中国成立後は外交部に帰属し、1954年に北京外国語学院と改名、1959年には北京ロシア語学院と合併して新たに北京外国語学院として発足しました。1980年以降は中国教育部の直属となり、1994年に大学名を北京外国語大学と変更しました。本学では、現在67種類の外国語を教えており、さらに、外国言語文学・中国言語文学・報道コミュニケーション学・政治学・法学・管理科学とプロジェクト等の学科の博士学位授与権を有しています。

北京外国語大学は74年間の歴史の中で、国家発展のニーズと密接に結び付き、「外・特・精」の教育理念及び「兼容併蓄、博識篤行」の校訓精神のもと、外交・通翻訳・経済貿易・ニュース・法律及び金融等、質の高い国際的人材育成の重要拠点となり、9万余名の人材を輩出しました。外交部だけを例にとってみても、概算統計で、本学卒業生の内、在外大使就任者は400名余り、参事官就任者は1000名余りにのぼり、「共和国外交官のゆりかご」と称されています。

中国北京市海淀区西三環路2号 100089

国際交流と協力処
留学生事務室
孔子学院事務所
大学事務室